太陽光発電のエコフィールド株式会社

資産運用・土地活用なら産業用太陽光発電、平成26年度買取価格
0120-916-762 お気軽にお問い合せください

産業用太陽光発電


産業用太陽光発電


安定した収入で高利回りな土地活用・資産運用

産業用太陽光発電の現場写真 産業用太陽光発電をご存知ですか?
太陽光発電は、設置条件が整えば、遊休地、商業施設、工場、倉庫、社屋、老人ホーム、等様々な場所に設置することができます。
大容量(10kw以上)の太陽光発電システム設置可能な物件であれば全量買取制度が適用され、さらに一定規模以上の太陽光発電を設置した場合、税制優遇措置が適用され即時償却が可能になります。
そのため、安定した収入で高利回りな土地活用・資産運用の新しい形態として、大いに注目されています。

全量固定買取制度とは?

全量固定買取制度とは、再生可能エネルギーで発電した電力を電力会社が固定の価格で買い取ることを義務付ける制度です。
一定の条件を満たす場合に、発電した電力の全量を一定の期間・価格で買い取るので、全量買取制度と呼ばれます。対象となる再生可能エネルギーは、太陽光発電、風力発電、地熱発電、中小水力発電と、バイオマスの5種類で、このうち太陽光発電に関しては、10kW未満の(いわゆる住宅用)の場合、現状と同じ余剰電力の買取が適用されます。

買い取り価格・期間

平成26年度の買取価格は、1キロワットあたり32円(税抜)、買取期間は20年間です。

全量買取制度の仕組み

発電事業者は発電した電力を電力会社に固定価格で全量買い取ってもらいます。 電力会社は賦課金(サーチャージ)を費用負担調整機関に納め、買取費用を交付されます。 電力利用者(電力需要家)は電力を使用し、賦課金を支払います。 国の調達価格等算定委員会は発電事業者の設備認定を行い、買取価格と期間の設定、サーチャージの単価の決定を行います。

※系統連結して売電開始されていることが条件になります。年度末に近づくと駆け込み申請が増えることも予想されますので、早めに対応することが必要です。

グリーン投資減税(初年度100%償却も可能です)

対象設備対象設備対象者取得期限
固定価格買取制度の設備認定を受けた10kW以上のシステム基準取得額の7%の税額控除青色申告をしている中小企業者平成28年3月31日
普通償却に加え、取得額の30%を限度とする特別償却青色申告をしている法人・個人平成28年3月31日
100%即時償却青色申告をしている法人・個人平成27年3月31日

※各種要件がありますので、詳細な計算等に関しては、顧問税理士または税務署にご相談ください。

導入とメリット

収益性の確保

再生可能エネルギーが普及するにつれ、固定価格買取制度による買取価格や、補助金などは、経年で低下することが予想されます。 買取価格および補助金額の高い“今” がまさに導入に最適な時期と言えます。

長期的安定経営

売電で得た収益を建物の修繕などに充てる事で、入居率の維持、長期的な安定経営へと繋がります。 また、共有部に使用している電気代に充てることで、管理費を下げることができます。オーナー様、入居者様共に利益が生まれます。

環境貢献

停電時に予備電源として活用することで、非常時の安心を確保することができ、他物件との差別化を図ることができます。

産業用太陽光発電のお問い合せ



施工事例・関連リンク